ラフな雰囲気で行う

食器

きちんと予算を考える

最近は結婚式を会費制にする方も増えてきています。お祝儀をやめて、来てもらったゲストの方にその場で会費を支払ってもらうという流れです。会費制の方が少しラフな雰囲気になりますし、最近の若い方などは特に会費制にされる方が多いです。かしこまった結婚式というかたちではなく、1.5次会のような雰囲気で少しラフな結婚式を挙げたい、という方なども会費制にされる方が多いです。以前は結婚式と言うと、かしこまった印象を持たれる方も多かったと思いますが、最近はとても自由でいろいろなスタイルの結婚式があります。新郎新婦がとにかくやりたいことを叶える、それが一番なのです。まずはウェディングプランナーの方に会費制にしたいということを伝えて相談すれば、それに合った結婚式の内容にしてプランを組んでくれます。会費をいくらにするのかも、内容次第で変わってくるのでいろいろと内容も考えながら会費もそれに伴って決定すればいいです。結婚式を挙げるにあたって、お金のかかることは非常に細かく分けていくとたくさんあります。こだわればこだわるほど、費用は高くなっていきますが、しっかりとここは予算を削れるけれどここだけはこだわりたいので絶対に削りたくない、など自分の意見をプランナーの方にしっかりと伝えることが結婚式を成功させるにあたっての一番の鍵です。会費制にすることでお祝儀はいただかないことになるので、きちんと予算なども考えることが大切です。